会員専用ページの閲覧にはJAC会員のIDとパスワードが必要です。

Healthy Back Bag


TOP >治療院検索>認定更新制度

認定更新制度Continuing professional development

JAC認定のオフィスが安全で高い水準のカイロプラクティックであることを担保するため、2014年6月より認定オフィスの更新時に30単位と毎年提供される更新セミナーを必須とする単位更新制度を発足しました。

2014年度更新セミナー申請フォーム

単位審査申請フォーム

認定更新の規定

1 定められた4年毎の更新年に審査を受けること ※次回更新年2018年
2 認定更新には、4年間30単位以上を取得し、かつ毎年1回の更新セミナーを受講すること ※更新年の次年度以降に認定を受けたときは、更新までの3年間23単位、2年間15単位、1年間8単位を取ること
3 以下の活動により単位が取得できる
□ JACシンポジウムの参加:15単位
□ ブロックセミナー:7単位/日
□ 上記における座長・および発表:5単位
□ 社会的啓蒙活動への参加(要申請):5単位
□ ボランティア参加(要申請):5単位
□ 論文発表、掲載(要申請):10単位
□ その他JACが認める事項:2~5単位 (例:ウェビナー、書籍やDVDの購入など)
□ 海外セミナーなどの参加におけるJAC管轄外のセミナーやの参加においては個人の申請(プログラムの写しや参加した証明書)に元って審査する
4 取得単位は、その証明書など個人で管理し、審査時に写しを提出すること
5 認定更新は、毎年1月のニュースレターにて審査を受けるべき該当者や申請期日を公示する
6 特別な事情(病気療養、休業など)により更新できなかったものについては、その事情を配慮し更新について審議する

更新セミナー受講について

認定を受けてから更新するまでの期間、毎期ごとに更新セミナーを受講すること。更新セミナーは、会が制作し、ウェビナー(インターネット配信セミナー)またはDVDで配布されるもので、業務の安全性、倫理、道徳、教養などを内容とし、対象者は無料で受講することができる。 上記オンライン申込フォームもしくは 電話申込 JAC事務局 03-3578-9390

認定更新に関するよくある質問 (1.更新単位について)

 「更新に必要な単位数を教えてください」 

4年間の認定期間内に30単位以上必要です。

 「認定期間内に30単位以上取得した場合、超過分を次回更新に繰り越せますか 」

繰り越しはできません。

 「取得単位数はどのように確認したらよいですか」

主催者が発行する単位証明書に単位数が記載されています。また、自己申請する単位については、受理された際に単位数が提示されます。

 「自己申告する必要がある活動にはどのようなものがありますか」

公共の場でのカイロ啓蒙活動、各種ボランティア、各種学会での論文の発表や雑誌掲載、海外セミナー等への参加があります。

 「更新に際し、単位数が不足していますが、どうしたらよいでしょうか」

病気療養、妊娠出産の場合は、診断書または母子手帳のコピーなどの提出によって1年間の延長が認められます。
休業ほか、特別な事情で活動に参加できなかった場合、1年間の更新期間の延長を審議いたします。事務局に「認定期間延長申請書」をご請求のうえ、申請してください。

 「パソコンは苦手ですが、それでも更新セミナーを受けられますか」

パソコンが苦手な方、インターネットを使っていない方には、手数料千円にてDVDをお送りいたします。事務局まで電話でお申し込みください。

 「更新セミナーは、毎年おこなわれるものしか認められませんか」

どの年度におこなわれたものを受講しても認められます。ただし、同じセミナーを重複して受けたときには、2回目以降は認められません。

 「更新年の翌年6月に認定されましました。更新までに何単位を取得する必要がありますか」

年度は5月末で切り替わります。6月以降であれば、そこから次の更新年までの3年間に7.5単位×3年間=23単位(小数点以下切り上げ)必要です。 その他、更新年度内に認定を受けた場合は30単位 更新年の翌翌年は15単位 更新年の前年は8単位が必要になります。 なお、毎年1回の更新セミナーも必須となりますので、忘れずにご受講ください。。

認定更新に関するよくある質問 (2.更新手続きについて)

 「認定期間になると自動的に更新されるのでしょうか」

自動更新されることはありません。更新に必要な単位を満たした方は、年度末までに所定の手続きを取る必要があります。

 「更新手続きを教えてください」

更新対象者には、認定期間満了の1月中に、「更新についてのご案内」を事務局より郵送します。単位証明となる書類および4回の更新セミナー受講証のコピーとともに、申請用紙に必要事項を記載して返送願います。

セミナー別紙資料

セミナーを受講する際に参考として下記の別紙資料をご覧ください。

別紙資料 (ガイドライン講義)