会員専用ページの閲覧にはJAC会員のIDとパスワードが必要です。

Healthy Back Bag

ブッカファイ


TOPWFCについてニュース>2017年 ワシントンDC総会&世界大会

2017年 ワシントンDC総会&世界大会
WFC Athens Assembly and COngress

第14回WFCワシントンDC総会&世界大会 14th WFC Washington DC Assembly & Congress

 2017年3月12日から18日まで米国ワシントンDCのワシントン・ヒルトンホテルで第14回WFC(世界カイロプラクティック連合)世界大会(WFC Biennial Congress)が開催されました。3月11日は幹部役員会、12日は全体役員会、13日&14日は総会、15日は大会前日のReception(ウェルカムパーティー)、そして16日から18日まで世界大会という日程で開催され、最終日夜にはGala(ディナーパーティー)が開かれました。
 今回の世界大会会場のワシントン・ヒルトンホテルは、市内中心部から徒歩で30分ほど離れている場所にあり比較的治安がよく静かな場所にあります。 13日(午前8時半~午後5時半)、14日(午前8時半~午後5時半)の総会では約50名が出席し、各国の報告を含めて発表や事業報告がありました。 3月16日から18日までは研究発表・講演会・討論会などで構成されたWFC世界大会が開催され、約1,200名が参加しました。参加者の半数以上は地元のアメリカからの個人開業者・教育関係者・研究者でした。初日のオープニングセレモニーではポール・ライアン下院議長も講演する予定でしたが多忙のためビデオレターでのスピーチとなりました。 ワシントンDCの観光地はスミソニアン博物館、ホワイトハウス、連邦議会議事堂、ワシントンモニュメント、リンカーン像など数多くあります。WFC世界大会誘致の際には観光地が含まれていることも誘致決定の際に大きな要素となるため、2021年の誘致を目指している「東京」はそういった面でも訪問客に楽しんでもらえる都市です。1997年以来、二度目となるWFC世界大会の2021年世界大会日本開催を視野に入れ、当会は観光庁・日本政府観光局の協力のもとカイロプラクティックの学術研究推進のため誘致活動を計画しています。

写真:会場となったワシントン・ヒルトンホテル


 

写真:WFC総会の様子

写真:世界大会の会場および展示ブースの様子